[コラム]飛行機内を快適に過ごす方法

シェアする

By: Evonne

海外へ旅行する際避けて通れないのが飛行機です。旅行の楽しみの一つでもありますが、飛行機の中は狭く窮屈で見動きが取れない上に、寒くて乾燥しています。運が悪ければ周りの乗客が煩くて不愉快になることもあります。

国内便でも最低一時間、海外便ではは近くでも数時間、遠いところでは半日近くこのような飛行機に乗らなければなりません。何かの拷問か。

しかし事前に分かっていれば対策はできます。しっかり準備して快適な空の旅にしましょう。

用意すべきアイテム

飛行機に乗り込む前に何かしら快適に過ごす為のアイテムを準備しておきましょう。

ネックピロー

長時間のフライトや夜間であれば機内で眠くなると思う。しかし飛行機の座席で寝るのは結構苦痛です。それでもネックピローがあれば頭を固定できるのでだいぶマシになります。空気で入れるタイプなら使わない時はしまっておけます。

耳栓

周りの不快な騒音を防いでくれる優れもの。これだけでもあると無いとでは大違いです。安いし場所を取らないので予備も含めて2セットぐらいあると良いです。オススメは再利用可能でコード付きの耳栓です。耳栓は落としてなくしやすいものですし、飛行機内は暗くより見つけにくいです。

安眠グッズ(耳栓、アイマスク、ネックピロー)
By: BVStarr 飛行機やドミトリーでは周りがうるさかったり、明るくて眠りにくいことが良くあります。快適に寝るためにもアイマスクや...

ノイズキャンセリングイヤホン

これも騒音を防ぐ為のアイテムですが耳栓がただ耳に栓をするだけなのに大して、こちらは周りの音を打ち消すことで静かにしてくれます。ハイテクですね。値段はその分高いですが、音楽聞く人であれば耳栓よりもこちらの方がオススメです。

アイマスク

機内の照明が付いてて明るくて眠れないという場合にはアイマスクがあると快適に寝れます。アイマスクじゃなくてもタオルや帽子、フードなど目を塞ぐもので代用することもできます。

マスク

機内は乾燥しているので気になる人は持っていくと良いです。

上着

機内は冷房が強くて寒い事が多いですが LCC なんかはブランケット借りれない事が多いです。なので上に羽織れるものがあると良いです。

座席の確保

フライトを快適に過ごすには席の確保も重要です。なるべく空いている席を利用すれば隣の席を含め自由に使えます。

後ろの席を狙え

何度か飛行機に乗ったりチケットを購入時の座席を指定する際に気づいたが、どうやら飛行機の座席は前のほうから埋まっていく傾向があるようだ。満席であればどうしょうもないが、そうでなければ座席指定の際に後ろを指定すると良い。そうすれば隣の席が空いている可能性は高くなります。

トイレが近いなら通路側を、そうでないなら窓側を選べ

飛行機の中は寒いのでトイレが近くなります。窓側を選んで且つ通路側に他の乗客がいるとトイレへ行くのが面倒くさい。そうでないなら窓側のほうが壁に寄っかかる事ができるので寝やすい。

空いてる席は確保

座席を指定せずにチケットを購入し、隣の席に人がいてもまだ諦める事はないです。後ろのほうの座席が空いているのであれば離陸後、シートベルトのサインが消えたら移動しよう。といっても基本的にはダメなんですけど、殆どの場合は黙認されます。

リクライニングは倒せ

後ろの人なんか気にせずリクライニングを倒そう。どうせ大した角度動かない。

暇つぶし

長距離のフライトであればやることが無くて暇です。飛行機によっては音楽や映画を楽しむ事ができますが、とくにLCCでは機内に何もないので自分で何か用意してなければ退屈です。

最近は離着陸時だろうが機内モードにさえしておけばスマートフォンもいつでも使えるのでアプリなどを用意しておきましょう。

電子書籍

By: Zhao !

電子書籍は通常の本と違い、重さが無く嵩張らない為荷物にならず、大量の書籍を持ち歩く事ができるので旅行向きです。

音楽, 動画

飛行機の機体によっては音楽を聞いたり映画を見たりする事ができますが、自分の気に入るものがあるとは限りません。それに LCC などではそもそもそういった機能がありません。ある程度は自分で用意しておくと良いでしょう。

そのためのイヤホンにはノイズキャンセリング機能がついたものを利用すれば騒音をカットできるので快適です。