[旅行の持ち物解説]デイバッグ(バックパック、ボディバッグ、ショルダーバッグ、折りたたみバッグ)

シェアする

観光中に全ての荷物を持ち運ぶわけにはいきません。重いし邪魔です。なので外を出歩く際はデイバッグなどの小さめのカバンを使いましょう。飛行機乗る際の機内持ち込み用にも使えますね。

ちゃんとチャックがしまり、必要なものが入るのであればなんでも良いとは思います。

主に以下の様な種類があります。

  • バックパック
  • ボディバッグ
  • ショルダーバッグ
  • 折りたたみバック

バックパック

バックパックは長時間背負っても体への負担が少なく、観光で歩き回る時もオススメです。両肩で背負うのに加え、胸部や腰のベルトも合わせるとカバンごとひったくられるなんて事はほぼ防げます。

欠点は荷物を取り出すのが面倒なところでしょうか。治安の悪い場所ならカメラも常にカバンに締まっておきたいところですが写真の都度カメラを取り出すのは結構面倒です。まぁそういう場所はバックパック自体を前に背負えば良いんですけどね。そうすれば物も取り出しやすいし後ろに気を使わなくてすみます。

また、カメラを効率よく運搬、撮る事のできるバックパックもあります。例えば HAKUBA のバックパック、サイドポケットにデジタル一眼レフが収納できるスペースがあり、カバンを回して取り出しやすくなっています。

ボディバッグ

身の回りのものだけを入れるには丁度よい大きさのものが多いボディバッグ。僕も良く使っています。ちゃんとたすき掛けして前に回しておけば結構安全だし、取り回しもしやすいです。

意外と防水対応なものや腰にベルトを回して固定しやすくするものなど機能性を重視したものも多いです。

やはりそのへんに売っているものより、アウトドアメーカーの出しているボディバッグをオススメします。機能性が違います。

ショルダーバッグ

肩に掛けたままでも荷物を取り出しやすく、便利なバッグです。このジャンルも様々な製品が出ていますね。

ショルダーバッグは種類が多く旅行向けに販売されているものも多いです。軽量で使い勝手が良いだけでなく、セキュリティ対策機能のついたものもあります。が、大して変わらないので使い勝手の良い物を選びましょう。

折りたたみバック

折りたたむとコンパクトになって他のバックパックやスーツケースなどに保管しておける便利なバックパックも存在します。荷物が増えた際にカバンを増やすためなどでも使えますね。

折りたたむ事を前提としているので常時使うには生地が薄くて不安な商品もありますが、そういうものだと割りきると良いです。