[旅行の持ち物解説]電子書籍

シェアする

旅行中にも本を読みたいという人は多いと思うし、普段読まない人でも旅行ではガイドブックなど必要になるでしょう。しかし普通の本は重く分厚く嵩張ります。長期の旅行であればあるほどそのデメリットが辛くなります。

そこで最近流行ってきた電子書籍です。その特性は日常生活より旅行や海外へ滞在する際により有効に扱えます。

電子書籍の利点

以下電子書籍の利点は日本にいるよりも海外にいる時のほうがより効果が高いです。

本に重さが無く、大量に持ち歩く事ができる

旅行に重い物を持って行くと疲れるし、本はカバンの中で嵩張ります。精々数冊程度でしょう。電子書籍ならデータ容量のある限り何冊でも持ち歩く事が可能です。もしデータ容量が足りなくなっても購入済みの書籍であれば再ダウンロード可能なので事実上無限に持つ事ができます。

ネットがあればどこでも購入できる

海外で日本の書籍を購入しようとしても扱っている書店自体が少ないです。それに書店があっても日本で買うよりかなり割高となってしまします。しかし、電子書籍であればインターネットにさえ繋がってしまえばいつでもどこでも書籍を購入する事ができます。それに、紙の本より安価な事が多いです。

電子書籍の欠点

電子書籍はメリットばかりではないです。以下のような欠点もあります。

ページ送りが面倒

いくつかのページを行ったり来たりする際に電子書籍は面倒くさいです。とくにガイドブックのような本を見るのにはあまり向いていないと感じますが、そういう場合は検索機能などを駆使する事になるでしょう。

書籍の数が少ない

電子書籍が流行ってきたからといって、全ての本が電子書籍で発売されているわけではありません。読みたい本が販売されていない事も多いです。

おすすめ電子書籍

By: Zhao !

By: Zhao !

電子書籍を購入できるマーケットはいくつかありますが、一番のおすすめは Amazon Kindle です。

扱っている書籍の数が多く Kindle 専用の端末やスマートフォン、タブレット、PCのアプリで利用する事も可能です。とくに野外でも見やすい e-ink を使用し、電池持ちも良い電子書籍専用端末は他のプラットフォームでは用意されていない事も多いので大きなメリットです。