[旅行の持ち物解説]イヤホン、ヘッドセット、ノイズキャンセリング

シェアする

飛行機や電車の中などで音楽を聞くのであればイヤホンが欲しいですし、旅先から電話や Skype, Line などで通話をするのであればヘッドセットがあると便利です。

イヤホンは様々な種類があり、音質にこだわると非常に高価です。こだわりがあるのであればそれをそのまま使うと良いでしょう。

イヤホンマイクがオススメ

もし音質にこだわりがなく、音楽や動画だけでなく通話も行うのであれば両耳タイプのイヤホンマイクを一つもっていくと良いでしょう。イヤホンマイクであれば、マイクが付いているので Skype や Line 等の通話にも使えますし、もちろん普通のイヤホンとしても使う事ができます。また、イヤホンマイクにはリモコン機能が搭載されている製品が多く、手元で音量の調節や再生/停止といった操作が出来るのは便利です。

購入の際は自分のスマートフォンに合わせて選びましょう。iPhone 用のイヤホンマイクを Android に挿しても音声やマイクを使う事はできるのですが、再生ボタン以外のボタンが動かないといった制限があります。ちなみに iPhone 用なら Macbook でも同じように利用できるのでノートパソコンに Mac を使っている方はそれを考慮するのも良いでしょう。

自分が現在利用しているのがこの audio-technica ATH-CK323i です。音質も値段の割に悪くなくイヤホンの形状もカナル型でしっかりと聞こえますし、リモコン機能がついてて操作が楽です。コードが絡まりにくい形状なのも高ポイントです。

ちなみに東南アジアへ旅行した際にそれまで使っていたものが壊れたので現地で安物のイヤホンマイクを購入したのですがあまりの音の酷さにすぐ使うのを止めてしまいました。。。安物はいけませんね。

ノイズキャンセリング・イヤホン

イヤホンやヘッドフォンの中にはノイズキャンセリング機構をもったものがあります。名前の通り、周りの騒音をカットして音を聞き取りやすくできます。音を遮断するのではなく、内蔵マイクで周囲の音を解析してそれを打ち消す音を出し、聞こえなくします。

完全に音を打ち消して無音にするわけではありませんが、周囲の音を軽減するので音量をあまり上げずにすむので耳に優しくなりますし、耳栓代わりにも使えますね。

バッテリー駆動するので電池切れに注意する必要があるのと、少々値が張りますが旅行に持っていく価値はあります。