[旅行の持ち物解説]モバイルバッテリー

シェアする

スマートフォンは従来型の携帯電話と比べて電池の持ちが悪く、モバイルバッテリーを持ち歩いている人も多いです。一つあるだけで電池切れの心配が無くなって安心できますね。

旅行時にももちろん活躍します。スマートフォンやタブレットはもちろん、USB 給電できるデジカメも充電が可能です。カメラの電池が切れたらせっかくの旅行なのに残念ですからね。

現在利用しているものがあるならそのまま使うと良いですが、もし新たに購入するのであれば何を選ぶと良いでしょうか。

重要なのは 大きさと容量のバランス です。

モバイルバッテリーの中には 20,000mAh を超えるような巨大なものもありますがその分重量があります。それにそこまでの容量が必要になることは殆ど無いでしょう。電源の確保ができないキャンプツアーなどへ行くのであれば別ですが。。。

それに大きなものは充電時間もかなり必要となります。安心はできますけどね。

容量でいえば 10,000mAh もあれば十分です。

10,000mAh あれば一般的なスマートフォンであれば3回分ぐらいは充電できます。

また、スマートフォンやタブレットなど複数の端末を持ち歩いたり、複数人で利用する事を想定するのであれば、充電用の USB 端子が多いものを選ぶと良いでしょう。

例えばこれだと二台同時に充電が可能です。

旅行以外でも使えるので小さめのものでも一個カバンの中に入れておくとイザというときに安心できますね。