[旅行の持ち物解説]鍵、ダイヤル錠、ワイヤーロック

シェアする

旅行時は盗難に気をつけようという事でバックパックやスーツケースには鍵をしたり、ロッカーや金庫を利用して極力盗みにくいようにしよう。

旅行中の鍵の考え方

鍵はものを盗まれたりしない為にあるものなのだが、基本的に本気で盗もうと考えている人には通用しないものと思ってよい。カジュアルな窃盗を防ぐ、盗まれたとしても鍵が壊される事で発見を早めるというのが大事だ。なので重くて頑丈な鍵よりは軽くて使い勝手の良い鍵で十分だと考えている。

ダイヤル錠/南京錠

鍵といえばダイヤル錠や南京錠を連想するだろう。小型軽量のものをいくつか購入しておこう。カバンを開けられなくする為のものと、ゲストハウスのロッカーで使用するものの二種類は最低用意しておきたい。

オススメは TSA ロック対応のダイヤル錠だ。南京錠などは鍵を管理する手間が増えるので面倒くさい。

ワイヤーロック

鍵にワイヤーがついていてベッドなどに括りつける事でカバン自体を盗まれないようにするためのものだ。日本でも自転車の鍵で利用している人も多いだろう、アレの旅行版と思って良いです。

ワイヤーは一見細くて頼りないがどんなに太くて頑丈でも工具を用意するような人には太刀打ちできない。あくまでカジュアルな窃盗を防ぐためのものだ。

TSA ロックとは

アメリカ国土安全保証省により定められた鍵の仕様だ。とくにアメリカで飛行機に乗り、荷物を預ける際はたまに係員が荷物の中を開けて確認する事がある。鍵がかかっていれば無理やりこじ開けるのだが TSA ロックであればマスターキーを使用して難なく開ける事ができる。

手持ちの鍵が TSA ロック対応かどうかは赤い菱型や松明のマークがついているかどうかで確認できる。

ちょっと前に TSA ロックのマスターキーが流出し、3D プリンタで生成されたものでも鍵があけられるようになっていた。他の鍵もそうだが、過信は禁物である。