[コラム]機内持込手荷物と預け荷物の制限

シェアする

飛行機に乗る際全ての荷物を機内持込にすると到着後に荷物を待つ手間が省けるロストバゲージの危険も無くなりなにかと便利です。しかし、機内持込手荷物にはサイズ、重さ、持ち込めるものなど様々な制限があります。とくに国際線では液体物の制限もあり厄介です。それに、航空会社によって微妙に異なる項目も多いです。

また、荷物を預ける場合にも危険物など特定の物は預ける事ができません。それに加えて預ける事は不可だが手荷物としてなら可能なものもあるし、その逆の場合もあるなど、ルールは一見複雑です。しっかり理解しておきたいところです。

このページでは一般的な例を解説します。より詳しい情報は各航空会社の Web サイトをご確認ください。

持ち込める大きさと重さ

機内持込できる手荷物の大きさと重さは航空会社や座席のグレードによって差があります。

例えば JAL 国際線の場合は以下の二つまで。

  • 身の回り品1個
  • 手荷物1個

手荷物のサイズと重量は以下の通り。

  • 三辺の和が 114cm 以内
  • 高さ 55cm x 幅 40cm x 奥行き 25cm 以内
  • 手荷物、身の回り品合わせて重量 10kg 以下

基本的にはどの航空会社も上記ぐらいの大きさと重さであれば機内に持ち込めますが、LCC ではこれより制限が厳しいところが多いです。

例えば東南アジア及び日本でも有名な AirAsia の手荷物のサイズと重量制限は以下の通りとなっています。

  • 手荷物は高さ 56cm x 幅 36cm x 奥行き 23cm 以内、7kg 以下
  • 上記手荷物に加えてパソコン用バッグまたはハンドバッグのいずれか一つ

会社によっては手荷物は 5kg まで、なんてところも存在します。とくに格安航空会社を利用する際にはチケット購入時に機内持ち込みのルールを確認したほうが良いでしょう。

おすすめの機内持込可能なカバンは以下のリンクより参照ください。

おすすめの機内持込可能なバックパック,カバン
By: Blake Bolinger お店にいけば多種多様なバックパックが発売されているが、スーツケースの変わりとなるような旅行向けのものは殆ど...

身の回り品

各航空会社とも身の回り品に関する記述が少なく、どのくらいのものを持っていけるのか不安になる人もいると思います。

が、各 Web サイトを見たり自分の回りなどから聞いた感じ、13インチのノートパソコンが入るぐらいの大きさのバッグでも大丈夫です。おみやげの袋なんかも大きいものは大体そのぐらいですよね。それ以上になると難しいかもしれません。

それよりも重量に気をつけよう。航空会社や担当者によってマチマチですが LCC はとくに重量に厳しいです。なるべく荷物は軽くしておこう。

危険物の扱い

危険なものは持ち込めません、預けられません。しかし物によって以下のように分類がわかれています。

  • 機内持込、預け荷物どちらも不可
  • 機内持込可能、預け荷物不可
  • 機内持込不可、預け荷物可能

しっかり把握しておきましょう。

機内持込、預け荷物どちらも不可なもの

以下のものは危険物として機内持込、預け荷物どちらともに含める事ができません。基本的には爆発する恐れがあるもの、燃えやすいものなどです。

種類
高圧ガス ライター用ガス, ガスボンベ, ダイビング用ボンベ, スプレー缶
引火性液体 オイルタンク式ライター, オイルライター用燃料, ペイント類
火薬類 花火, クラッカー, 弾薬
酸化性物質 酸素スプレー, 漂白剤
可燃性物質
毒物類 殺虫剤, 農薬
腐食性物質 液体バッテリー, 水銀(体温計は可、水銀気圧計は条件次第で可)
放射性物質
その他有害物 エンジン, リチウム(イオン)バッテリー

通常の旅行ではあまりこれらのものを持っていく事は無いと思いますが、例えば海外に登山で行く場合なんかはガスを持ち込めないので注意が必要です。

機内持込はできるが預ける事はできないもの

以下のものは機内持込は可能ですが、預け荷物にする事はできません

  • 喫煙のためのライター/マッチ
  • リチウム(イオン)電池

ライターは喫煙者でなければ必要無いですが、リチウムイオン電池はノートパソコンやデジカメなどで使われてます。とくに予備の電池を預け荷物にいれてしまう人がいるようですので注意しましょう。また、ライター類は場所によっては一切持ち込めないところもあるので持って行く場合は安物にしておきましょう。

リチウム(イオン)電池はその電力に応じた個数の制限もあります。が、気にする程でもないでしょう。よっぽど大きなものでもないかぎり大丈夫です。

携帯電話/スマートフォン、モバイルバッテリーについて

2016年4月よりモバイルバッテリーに関する規則が厳しくなった事をご存知の方はいると思います。当時はニュースサイトなどの反応で「モバイルバッテリーを持ち込む事はできなくなるのか」といったコメントを多く見かけましたね。

私もそれ以降何度か飛行機に乗りましたが、SNS等で騒がれたほど厳しいと感じた事はありませんでした。しかし航空会社によっては飛行中の充電は止めるよう言われるところもあります。ダメな場合はチェックインカウンター等に注意書きが書いてあるでしょう。

また、Samsung Galaxy Note 7 が突如爆発する件に関連して該当機種を利用する場合には必ず機内持ち込み且つ機内では電源はオフ、預け荷物にする事はできないといった制約があります。稀な事とはいえ普段使っているスマートフォンが突然規制対象となる場合もあるのでニュースは逐一チェックしておきましょう。

機内持込は不可だが預ける事はできるもの

上記以外の危険物は機内持込は不可だが預け荷物にいれる事が可能*です。例をあげると

  • 刃物、尖ったもの、
  • 武器
  • 工具
  • ゴルフクラブやバット、ストックなどの長もの
  • 日用品、スポーツ用などのスプレー

などです。爆発などはしないけど武器として使えそうなもの、という感じだろうか。

刃物の中でも裁縫セットに入っているような先端が尖ってない小さな糸切りバサミや眉用ハサミ、T字カミソリ、爪切りなどは持込が可能です。が、係員などによっては極稀にそれらもダメな事があります。自分は遭遇したことありませんが、覚えておくと良いです。

より詳細な情報

以下のページ内にある PDF により詳しい記述があります。持っていく予定のものが制限にひっかかるかどうか不安であれば確認しておこう。

液体の扱い

液体も機内持込の制限があります。国内線は通常の旅行では問題ないぐらいの量(アルコール24度以上70度以下のものは5リットルまで、など)の制限がありますが国際線は非常に厳しいです。

国際線では 100ml を超える容器にはいったものは機内持込ができません。液体を機内に持込する際は以下のようにする必要があります。

  • 容量 100ml 以下の容器に入れる
  • 上記を容量 1 リットル以下の無色透明なプラスチック製の袋に入れる
  • 袋の数は1人1個まで

それ以上の液体物を持っていく場合は預け荷物にしなければいけません。元々容量100ml以下の容器に入っていればそのまま袋に入れればOKです。袋は透明でなければいけませんが各容器は透明じゃなくても大丈夫です。

液体物とは

上記で飛行機の持ち込み制限対象となる液体物は

  • 液体
  • エアゾール
  • ジェル

の三種類全てとなります。飲み物やシャンプーは勿論、歯磨き粉、ヘアワックス、缶詰、ヨーグルト、ゼリー、プリン、味噌などを含みます。保冷剤やドライアイスなど凍ってる状態であっても関係ありません。

また、医薬品やベビーミルク、制限食などは例外として扱われます。出国手続き後、免税店で購入したものも持込可能です。

より詳しい情報は以下の国土交通省の Web ページをご確認ください。

アメリカ/イギリス着便の電子機器の機内持ち込み制限

中東やヨーロッパ等の地域からアメリカやイギリスへ行く飛行機に乗る際、ノートパソコン等の大きな電子機器を機内に持ち込めないようになったようだ。

爆弾をノートパソコンにカモフラージュして持ち込む可能性がある、らしい。検討中の路線もあり現時点での情報をここに書いたところですぐ更新されてしまう可能性が高い。面倒だが該当地域を行き来する際には機内持ち込みにしないよう、航空会社のアナウンスに気をつけなければならない。

各航空会社の Web ページ

飛行機に乗る際の荷物、特に重量とサイズは航空会社によって違いがあります。以下に有名な航空会社の手荷物に関するページへのリンクを載せておきます。利用する航空会社の荷物の取り決めをしっかり把握して旅行しましょう。

日本

JAL国際線 – お手荷物について
手荷物[国際線]│航空券│ANA国内線
荷物 | Peach Aviation
機内持ち込み手荷物|サービス紹介 | バニラエア Vanilla Air – 国内 海外 レジャー・リゾート路線のLCC 格安航空券の検索・予約

アジア

機内持込手荷物 | 手荷物 | ジェットスター
エアアジア | 機内持ち込み手荷物 | 機内持ち込み手荷物のルール

東アジア

機内持込み可能手荷物 < 機内持ち込み手荷物 < 手荷物サービス < サービスに関するご案内 < アシアナ航空のホーム(HOME)
手荷物サービス – KOREAN AIR

受託手荷物|中国国際航空
中国東方航空について
お預かり手荷物 – エバー航空 | 日本
手荷物に関する情報 | 旅に役立つ情報 – キャセイパシフィック航空

東南アジア

手荷物について | タイ国際航空
Philippine Airlines | Free Baggage Allowance
Cebu Pacific Air – Why everyone flies
受託手荷物 | Vietnam Airlines
お手荷物について – Garuda Indonesia
受託手荷物許容量|シンガポール航空
手荷物について|サービスのご案内|マレーシア航空会社

南アジア

Hand luggage – Air India
Luggage – Srilankan Airlines

中東アジア

手荷物 | 基本情報 | エミレーツのオンライン予約と計画 | エミレーツ航空 日本
手荷物について | エティハド航空
お手荷物のご案内 | カタール航空

ヨーロッパ

手荷物について | British Airways
手荷物のご案内 | オーストリア航空
お手荷物の手引き | エアフランス
ルフトハンザの無料受託手荷物規定 – Lufthansa ® 日本
手荷物について – KLM.com
手荷物 – SAS
フィンエアーの手荷物 | Finnair – 日本
SWISSフライトの手荷物規定一覧 | SWISS
Turkish Airlines – Baggage – turkishairlines.com
荷物 | Aeroflot

アメリカ

お手荷物 – アメリカンエアライン
手荷物情報|手荷物規定 | United Airlines
デルタ航空手荷物:手荷物手数料:デルタ航空
Air Canada – Baggage Information

オセアニア

カンタス航空 手荷物 | 手荷物許容量 | ペット | スポーツ用具 | 危険品
手荷物 – ニュージーランド航空 – 日本サイト – 日本サイト