[旅行の持ち物解説]海外用モバイル Wi-Fi ルータのレンタルサービス

シェアする

By: yoppy

海外でも自由にインターネットを行う方法の一つに海外用モバイル Wi-Fi ルータのレンタルサービスがあります。旅行の期間だけルータをレンタルする事で必要な期間だけ利用する事が可能です。

有名なのはイモトの Wi-Fi でしょうか。

イモトのWiFi

以下にモバイル Wi-Fi ルーターレンタルサービス各社の紹介を行っています。レンタルの際の参考になればと思います。

海外向けモバイル Wi-Fi ルーターレンタルサービスの紹介
By: MIKI Yoshihito 海外旅行や出張などの際に、自由にインターネットを行う為にモバイル Wi-Fi ルーターのレンタルを考えている方は...

海外用モバイル Wi-Fi ルータレンタルのメリット

海外旅行用にモバイル Wi-Fi ルータのレンタルサービスを利用すると以下のようなメリットがあります。

  • いつでもどこでもインターネットができる
  • 手続きが簡単
  • 通信量の高額請求がこない

いつでもどこでもインターネットができる

通常、海外へ行くと日本で利用していた携帯電話やスマートフォンでデータ通信を行う事はできません。が、モバイル Wi-Fi ルータを利用する事でいつでもどこでもインターネットができるようになります。

インターネットができれば例えばメニューに書いてある言葉がわからなくてもその場で翻訳アプリを通して理解したり、道に迷ったときでも地図アプリを確認したりできます。フリーの Wi-Fi を探し回る必要が無くなります。

手続きが簡単

値段だけ考えれば渡航先にもよりますが現地のプリペイド SIM を購入したほうが安い事は多いです。しかし、それを利用する為には SIM ロックが解除されているスマートフォンをもっている必要があります。

それに、海外旅行に慣れていない場合はプリペイド SIM の購入のハードルは高く感じるでしょう。当然海外なので英語でやり取りする必要がありますし、スマートフォンの設定も行う必要があります(大抵の場合は店員がやってくれると思いますが)。

また、海外旅行ツアーの場合は空港で SIM を買う暇が無い場合もあります。

Wi-Fi ルータのレンタルであれば申し込みは全て日本語で完結しますし、宅配便などで受け取る事ができます。スマートフォンなどに詳しくなくても簡単に利用可能です。

通信量の高額請求がこない

スマートフォン自体のデータ通信機能を切らずに海外に行き、インターネットをしていると後日通信量の高額な請求が来る、なんて話を聞いたことあるかもしれません。

Wi-Fi ルータであれば1日あたり○○円、というように決まっておりそれ以上の料金は発生しません。

これは Wi-Fi ルータそのものの利点ではありませんが、何故 Wi-Fi ルータを持っていくのか? がちゃんとわかっていれば予めデータ通信機能をオフにする事ができますね。

海外用モバイル Wi-Fi ルータレンタルのデメリット

反面、以下のようなデメリットもあります。

  • プリペイド SIM と比べるとレンタル料が割高
  • 荷物が増える

プリペイド SIM と比べるとレンタル料が割高

レンタルというのは必要な時に必要なだけ利用できるというのが売りのサービスなので、どんなものでも割高になるものです。モバイル Wi-Fi ルータも例外ではありません。

例えば私が以前タイで購入したプリペイド SIM は30日で1800円ぐらいのものでしたが、Wi-Fi ルータのレンタルであれば4日で2000円ぐらいにはなるでしょうか。

しかし、これは私が SIM ロックフリーのスマートフォンを既に所持しているからこそ実現できる値段です。もし SIM ロックフリーのスマートフォンを所有していなければその代金(スマホ本体なら2-4万円,SIMフリー化なら手数料2000円等)が当然かかります。

なので、短期の旅行であればモバイル Wi-Fi ルータのほうがお得なケースは多いです。大雑把な計算ですが、一週間を超える旅行であれば Wi-Fi のレンタルよりは SIM ロックフリーのスマートフォンとプリペイド SIM の利用をオススメしたいところです。

荷物が増える

Wi-Fi ルータ本体はもちろんその充電器やケーブルなど含めると多少荷物が増えます。ですが、レンタル品によっては充電器やそのケーブルはスマートフォンと共有できる事もあります。賢く利用したいですね。

まとめ

簡単に利用できますので、短期の旅行やグループで旅行する場合に便利です。