[旅行の持ち物]おすすめの機内持込可能なバックパック,カバン

シェアする

お店にいけば多種多様なバックパックが発売されているが、スーツケースの変わりとなるような旅行向けのものは殆ど数が無い。普通旅行には荷物が沢山必要となり、それら全てを背負うのは多くの人にとっては疲れるから嫌なのだろう。

しかし数は少ないながらも旅行に適したバックパックを販売しているメーカーがある。それらの中からおすすめのバックパックを紹介していこう。

旅行に適したバックパックとは

旅行に適したバックパックは、以下の条件を満たすものが良い。

  • 機内持ち込み可能なサイズギリギリの大きさである
  • ラップトップやタブレット収納スペースがある
  • フルジップで荷物室が大きく開く
  • ファスナーにロック用の穴がある

詳しい事は以下のバックパック解説ページを参照してほしい。

バックパック
By: yoppy バックパッカーを象徴するものとして巨大なバックパックがあります。全ての荷物を背負い歩く姿はまさに旅行者。ここでは大...

全て満たさなくても使いやすそうだと感じればそれで良い事にしよう。

おすすめバックパック/カバン

以下より旅行に使うのに良いバックパックを紹介していこう。

Patagonia Transport M.L.C. 45L

パタゴニアが出している旅行向けの 3WAY バッグ。商品の見た目はショルダーバッグのようだがリュックにもなる。スーツケースのような形のバッグといったほうが良いだろう。なので荷物整理がとてもやりやすそうだ。ラップトップ収納場所は特別確保されていないが、形的にも入れやすいだろう。

M.L.C というのは Maximum Legal Carry-on の頭文字でその名の通り、機内持ち込み可能限界のサイズに作られている。容量も 45L と申し分なし。これ以上大きいと預け荷物となるだろう。

mont-bell トライパック45

モンベルが出している旅行向けの 3WAY バッグ。上記 Patagonia Transport M.L.C. 45L と似ている。これも機内持ち込み可能サイズギリギリでスーツケースのように荷物室が大きく開く。これもラップトップポケットはないが大した問題でもあるまい。

Patagonia のものより価格が安くて手が出しやすいのも良いだろう。どうせカバンなんて使っていたらすぐボロボロになるもんだ。

Cabin Zero Classic Ultra-Light Cabin Bag

イギリスのメーカーが出している旅行用バッグ。3WAY バッグで機内持ち込み可能サイズで 44L と Patagonia Transport M.L.C. 45L や mont-bell トライパック45 と同じコンセプトのようだが Cabin Bag のほうがさらに安く、軽い。なんせ実売8000円前後で重量も 760g しかない。LCCなんかは機内持ち込みの重量が厳しい航空会社が多いのでバッグ自体も軽いほうが良い。

なにげにファスナーにロック用の穴もある。珍しい。

ARC’TERYX COVERT CASE CO

カッコイイ商品出してるアウトドアメーカー ARC’TERYX の旅行向け 3way バッグ。ストラップはしまう事ができる。見た目がスッキリしていてカッコイイが容量も 40L, スーツケースのように大きく開き、中のポケットもあるので使い勝手は良さそうだ。

Gregory Compass 40

アメリカのバックパックメーカー Gregory が出している旅行向けのバックパック。トライパックや Cabin Bag のように荷物室が大きく開くようにはなっているがこちらはリュックとして使う事を前提とした形状だ。なのでバックパネルにパッドも入っている。ラップトップ用のスペースもある。前面にポケットなどがないのでだいぶスッキリした形状となっている。

Gregory Border 35

これも Gregory 製の旅行向けバックパックだが Compass シリーズとはだいぶ設計が違う。荷物室が大きく開きラップトップ用のポケットがあるのは同じだがその他外部にもポケットが複数あり、体の負担を軽減する為のウエストストラップも付属している。こちらは長時間背負って歩く事前提としているのだろう。容量は 35L とやや少なくなるが渡航先や期間によっては十分だろう。

— 2016/04/04 追記

Border 35 を購入したので使い勝手などを以下のページに記述した。

EagleCreek Digi Hauler Backpack

アメリカの旅行者向けギアを開発発売しているイーグルクリークが出しているキャリーオンサイズのバックパックの一つに Digi Hauler バックパックがある。容量46Lロック付きファスナー, メインコンポーネントは広く空きパッキングも楽だ。重量600gと軽量で比較的低価格なのも良い。

Osprey Farpoint 40(M/L)

アウトドアバックパックメーカーの Osprey が出している旅行用のバックパックだ。特に英語圏のバックパッカーの間では人気が高いようで良くレビュー記事が書かれている。40L と容量も大きくラップトップ用のスペースファスナーに鍵をかける穴もある。この中では珍しくペットボトルが丁度入るメッシュポケットもある。

Osprey Porter 46

これも Osprey が出している旅行用のバックパックです。Farpoint 40 よりさらに大容量荷物室が大きく開くし、ラップトップ用ポケットチャックの鍵穴 も兼ね備えた 3way バッグとなっている。日本で取り扱っている店が少ないのが難点か。日本の Amazon にすらないので海外の通販サイトを使うか輸入代行してもらうしかないだろう。

Ethnotek Raja Pack

イギリスのメーカーが出しているロールトップ式のバックパックで世界各地の伝統工芸を利用した一風変わった外見をしている。46L と大容量だがロールトップを巻いた状態なのか、そうでないのかは不明。ロールトップは中のものが取り出しにくそうだがちゃんとサイドポケットからアクセス可能となっているし、ラップトップ用のスペースも確保されている。商品によって外見がかなり違う上にベルクロで取り外し可能なので好きな柄を使い分ける事もできる。