[旅行の持ち物]旅行にオススメのバックパックにもなるキャリーバッグ

シェアする

旅行の際にバックパックを背負うのは重くて疲れますが、キャリーバッグでは悪路や階段を移動するのが大変です。

そういった様々な場面に対応する為には、バックパックにもなるキャリーバッグを利用すると良いです。室内や舗装された道路であればコロコロを利用し、悪路では背負うと二通りの持ち方を選択できます。

バックパックにもなるキャリーバッグ
By: Gwydion M. Williams 旅行時に使用するバッグには大まかにわけてキャリーバッグ(スーツケース)、バックパックの二種類があります...

ここではオススメのバックパックとして利用も可能なキャリーバッグを紹介します。

なお以下は原則として機内持ち込み可能な大きさのものを紹介していますが、航空会社や中に収納する物、重量によっては持ち込みを断られる可能性もあります。ご了承ください。

カリマー エアポートプロ 40

イギリス発のアウトドアメーカーである Karrimor から出ている背負う事もできるキャリーケースです。恐らくこのタイプのバッグでもかなり有名な商品でしょう。

ショルダーハーネスを利用する際にはドロなどがつかないようにカバー付き、もちろん使わない時はしまう事ができます。

表側には取り外し可能な小型のデイパックがついており旅行中の行動用や機内持ち込み時に手元においておく等、小回りが利くようにもなっています。

タイヤ部分は大きく多少の悪路でも動かす事ができるでしょう。ジップには鍵をかけられるようになって安全面にも配慮されています。レインカバーもついているので雨が降っても安心できますね。

サイズは 40L と 70L の二種類あります。40L のものであればサイズが 54×34×25cm となっており機内持ち込みも可能です。重さが 3600g とやや重いのが気になるぐらいでしょうか。

EagleCreek EC 15 ECリンクシステム 22

イーグルクリークはアメリカの旅行用バッグ・グッズを展開しているブランドです。この会社から何種類かバックパックにもなるキャリーケースが販売されています。

イーグルクリーク EC 15 EC リンクシステム 22 もそのうちの1つ、バックパック用のストラップがついているキャリーケースです。

また、分解する事でコンパクトに収納する事が出来るのが特徴です。大半の人は旅行している期間よりもそうでない時間のほうが長いですからね。そういった際にコンパクトにできると家に置いておく時にも邪魔になりません。

Amazon には「機内持ち込み・不可」と書かれていますがサイズは 36×56×23cm とあるのでギリギリ持ち込めるところが多いでしょう。

Eagle Creek Flip Switch Wheeled Backpack 22

こちらもイーグルクリークのバックパックにもなるキャリーケースです。他の製品と違い、バックパック用のストラップがフロント側についているのが特徴です。また、ウエストストラップもついているので長時間背負う事ができるでしょう。

サイズは 36 x 56 x 23 cm となっています。これも機内持ち込みできるでしょう。

ソロ・ツーリスト キャリーバッグ アブロードキャリー43

旅行用品を販売しているソロツーリストの背負う事もできるキャリーバッグです。アブロードと名がついたとおり海外旅行を目的としたバッグですね。

背中があたる部分にはメッシュのクッションがあり、ウエストストラップもついているため、重くても背負いやすいでしょう。

サイズは 54 x 36 x 25 cm, 容量 43L と機内持ち込みギリギリのサイズです。

アマゾンのレビューでも高評価ですね。

コメントの入力は終了しました。