[コラム]出国用航空券を予め用意してから入国すべきか否か

シェアする

国によって観光ビザやアライバルビザの取得条件は異なるが、多くの国で求められる条件の一つに「帰国、もしくは第三国への出国チケットを用意する事」があるだろう。

これは、その国でビザの制限を超えて不法に滞在し続ける事を防ぐ為に決められた条件だろうとは思う。ビザの制限を超えて長期間滞在するのであれば観光ビザでは禁じられている労働を行うような人だっている。というかこの程度の決まりも守れないような人がろくな人なわけがない。

という理由かどうかはさておき、一応どの国もルール上は出国チケットを所持する事を求められる。しかし必ず所持しておかないと入国できないか、といわれるとそうでもない。

これは個人の経験や聞いた話レベルでしかないのだが、少なくとも上記の制限により入国できなかった、という話は殆ど聞いたことが無い。自分も陸路だろうが空路だろうがチケットの提示すら求められた事が無い。

しかし Airasia 等航空会社によってはチェックイン時に出国チケットを持っているか確認するところもあり、所持していなければ「万が一入国できなかった場合にも当社は一切責任を負いません」という書類にサインしなければいけない事がある。

それに、国境を超える際に出国チケットが無い事でトラブルになっている現場に遭遇した事もある。入国管理官や国によってはそういう事もある、と覚えておいたほうが良いだろう。

陸路で国境を超えたい人にとってはチケットは取りようが無いものである。何か言われたら「チケット買う金あるからいれてくれ!」とでも頼むしかない。国によっては観光ビザ取得の際に銀行の残高証明書を求めるところもあるらしい。本来不要な場所でもそれを見せれば納得してくれないだろうか。

もしくはキャンセル可能な航空券を購入しておく、という手段もある。不要であれば後からキャンセルすれば良いし、そのままそれに乗ったって構わない。LCC であればとても安く購入できるしね。もっとも中にはキャンセルできない航空会社もあるが・・・

もちろんこの記事を参考にして出国チケットを持たずに入国しようとしてトラブルに巻き込まれても僕は一切責任を取らない。それでは良い旅を。