[旅行の持ち物解説]安眠グッズ(耳栓、アイマスク、ネックピロー)

シェアする

飛行機やドミトリーでは周りがうるさかったり、明るくて眠りにくいことが良くあります。快適に寝るためにもアイマスクや耳栓、マクラなどを用意しておこう。

耳栓は必須

飛行機で寝たり、ドミトリーに泊まるのであれば耳栓は必須です。周りの人の生活音や会話、いびき、赤ちゃんの鳴き声、外の騒音などがうるさくて寝れないことが良くあります。というか間違いなくうるさい人はいます。無いと眠れません。安眠のため用意しておこう。

また、飛行機に乗る際は気圧の変化で耳が痛くなる方もいると思います。そういった人は飛行機用の耳栓も用意しておくと良いでしょう。

耳栓は様々な種類が発売されていますが安物でもそれなりの効果があるのでまずは安いものから試しに使ってみるのも良いでしょう。

オススメはコード付きで再利用可能な耳栓です。耳栓は寝ている時に外れて無くすことが良くありますが、コードが付いていればその可能性も低くなります。それに再利用可能なものであれば旅行などの長期間使う際にも安心です。

アイマスク

明るい場所で寝るのであればアイマスクも欲しくなるでしょう。飛行機であれば常時明かりが付いているでしょうし、安宿では自分が寝てても他の人が電気をつけたり起きてたりすることも多いです。

光を遮るだけであればタオルや帽子などでもできますが、寝返りをうつなどしてずれることもあります。なので快適に寝るにはアイマスクを使いましょう。

なんでも良いとは思いますが、つけた際に目がかかるのが好きでなければ立体型を選ぶと良いでしょう。また、値段をかけるほど素材が良くなるので付け心地も良いです。

ネックピロー

飛行機やバスで座った状態で寝るのであればネックピローがあると快適です。首周りを固定できないと寝にくかったり、起きた時に首が痛くなりますね。

ネックピローにはいくつか種類があります。旅行に使うならたたむとコンパクトになる空気で膨らますものが良いですね。

しかし、自分で膨らますのが面倒くさかったり、使っていくうちに空気が抜けていくこともあるのが難点です。

空気で膨らますものと比べると嵩張りますがビーズなどが入ったネックピローであれば膨らます手間も省けますし、感触がこっちの方が良いという人もいます。