[旅行の持ち物解説]Tシャツ

シェアする

暑い地域ならそれ一枚で、そうでなくても重ね着する際に一番下に着るなど、どんな気候でも使える便利服がTシャツだです。デザインを重視した柄物や機能を重視したものなど様々なものがあります。

旅行で使うならやはりここは機能性を重視したいところです。特に海外旅行で人気の場所は暑いところも多かったり、肌着として使うためどうしても汗を吸うし、吸った汗はすぐ乾いてほしいです。

それに旅行先で洗濯を行うなら早く乾いてくれるほうが良いですね。

モンベル ジオライン

機能を重視したTシャツで有名なのは登山用品メーカーモンベルのジオラインだろう。軽くて速乾性に優れていて登山だけでなくスポーツや暑い地方で着るのにも役に立ちますし、軽いので荷物になりにくいです。

モンベル ペアスキンコットン/WIC.T

モンベルのジオラインは機能性に特化した登山用のTシャツです。確かに軽くて通気性、速乾性に優れていますがそこまでの機能は必要ないという場合も多いでしょう。

モンベルからはペアスキンコットンや WIC.T と呼ばれるTシャツも販売されています。ジオラインほどではないですが通常のTシャツよりは機能的で、ジオラインよりもデザインの種類が豊富である為、普段使いにオススメです。

hands+ tabigi トラベルTシャツ

登山用のTシャツとしては高めだしそこまでの機能はいらないという人もいるだろう。

旅行向けのTシャツとして tabigi というものもあります。東急ハンズのブランドである hands+ が東レの素材を使用して開発したトラベル用インナーシリーズの一つで、旅先で洗っても乾きやすいをコンセプトとしており速乾性や耐久性に優れている。

旅行用や登山用に作られたものでなくても、スポーツ用や登山用品メーカーが出しているTシャツなんかは速乾性に優れていて良いだろう。機能性重視のものよりデザイン性が高いのも良い。