[旅行の持ち物解説]タブレット

シェアする

スマートフォンではちょっと小さいかな、でもノートパソコンは大げさかな、という間を埋めるのに便利なのがタブレットです。iPad なんかが代表的ですね。旅行時にも便利です。キーボードを使って長文を書く必要はないけど画面は大きいほうが良い、という場合に良さそうです。

スマートフォンと比べた場合の違い

スマートフォンとタブレットを比べた場合、以下の違いがあります。

  • 端末の大きさ
  • 電話機能の有無

基本的には電話機能がないだけでスマートフォンと同じように利用できます。大抵の機種ではスマートフォンと同じ OS、同じアプリが動きます。

電話が無いといっても電話もインターネットに繋がれば Skype などで通話できますし、どの端末も無線LANはもちろん、カメラや電子書籍、音楽プレーヤにゲームなど利用できます。製品によっては SIM カードを入れる事でインターネット回線に直接接続する事もできます。

スマートフォンと比べて画面が大きいので特にインターネットをしたり、本などを読んだりするのに便利です。逆にカメラや音楽プレーヤとして使ったり、町中でカバンから出そうとすると大きすぎて使いにくいでしょう。

ノートパソコンと比べた場合の違い

ノートパソコンと比べた場合、以下のような違いがあります。

  • キーボードの有無
  • 重さ
  • OS、動くアプリケーションの差

やはりキーボードがソフトウェアだと文章が打ちにくいです。タブレットでも外付けキーボードを使う事は可能ですが、外付けを持っていくぐらいならノートパソコンのほうが何かと良いだろう。当然その分重くなります。

また、タブレットとコンピュータでは OS が違う為に操作性も動くアプリケーションも違います。タブレットでアプリの開発はできませんし、フル機能のフォトショップも動きません。写真の管理もタブレットよりは楽です。

文章をあまり書かない、パソコンじゃないとできない事をしないのであれば、タブレットで十分です。