[旅行の持ち物解説]海外旅行保険

シェアする

日本国民であれば必ず加入しないといけないのが保険だ。会社勤めならその会社の、そうでなければ国の保険がある。保険があれば病院へ行った際自己負担額が軽減されるスグレモノだ。

しかし海外旅行の場合、海外で何かあって病院に行っても日本の保険が使えないために高額の医療費がかかってしまう。そのために保険各社と海外旅行用や海外滞在用の保険を契約する事ができる。

保険に入っていれば海外で怪我や病気にかかっても殆どの場合一円も払わずに治療を受けられる。

例えば僕の場合、これまでにアメーバ赤痢、インフルエンザ、ただの風邪、手首を痛めた、という理由で海外の病院へ行ったがキャッシュレス対応で一円も払わずに治療をうけられた。さらにカンボジアで風疹にかかりそのまま帰国、羽田空港の検疫所で病院を紹介してもらい東京で治療をうけたがこれも治療費は保険会社が全額払ってくれた。

短期の旅行であれば帰国してから病院へ行くという手段もあるが、帰国まで耐えれない怪我や病気にかかるリスクも皆無とはいいきれない。あると何かと安心できるだろう。

また、自身の怪我や病気だけでなく、所持品の盗難や破損にも保険が使える。強盗や空き巣にあった場合にも使えて便利だがあまり犯罪には巻き込まれたくないものだ。

ちなみに安く済ませるのであればクレジットカード付随の海外旅行保険もある。そのクレジットカードで航空券を購入する、旅行の期間、など制限もあるが理解して使用すればお得だ。