[旅行の持ち物解説]財布

シェアする

お金をいれるのに財布は必要だろう。お金やクレジットカードなど貴重品を入れるものなので、とくに海外では防犯に気をつけたいところ。旅行中は複数の財布もしくは貴重品入れを併用して使い、リスクを分散させよう。

例えば自分の場合は以下のような感じでわけて使っている。

  • 最低限のお金だけをいれた普段使いようの財布
  • 高額紙幣やクレカなどをいれた滅多に取り出さない財布
  • 何かあったときの為の現金

強盗などにあっても一番上のしょぼい財布だけを犠牲にしてどうにかしようという感じだ。カードや大半のお金などは基本持ち歩かず、ホテルのロッカーや金庫に保管するなどしている。緊急時用の現金はカバンの別の場所やポケットなどに無造作に入れてある。幸い強盗などの犯罪に巻き込まれた事は無く、使う機会は今のところない。

日本で利用している財布は旅行中は全く使わないようにしておくと日本と旅行先のお金が混ざらず便利な上に、そのままカード類や高額紙幣などを安全な所に置く事もできる。自分も日本で使っている財布を海外で使う事は全くない。

小銭と札さえ入れば何でも良いし財布として売っているものを使わないといけないという話もないので適当な小物いれとかを財布として使っている人もいる。クリアケースなどは見た目が貧相になって金持ちに見えないので良いかもしれない。

貴重品を効率よく管理する為の旅行用の財布や貴重品入れも旅行用品店にいろいろ置いてある。

現金やカードだけでなく、パスポートやチケットなどもまとめて保管できる品もある。まとめてロッカーや金庫などに突っ込むには良いだろう。

余談だが日本の紙幣は海外のものと比べ若干背が高く、海外で財布を買って日本で使おうとするとサイズが合わない事があったりなかったりするようだ。また、国によっては硬貨を殆ど使わないために小銭入れがない財布ばっかりだったりする。海外のものを日本で使いたい場合はこのへんに注意して購入しよう。