[旅行の持ち物解説]雨具(傘、レインコート、ザックカバー)

シェアする

東南アジアやインドの雨季、雨がちなイギリス、日本でも夏は夕立、夏から秋にかけては台風と、渡航先や季節によっては雨が降ることを考えておくべきだろう。

天気予報や事前の気候の調査はもちろん、それに備えて雨具も用意しておきましょう。

また、雨が強いのであれば無理に動かずその辺で雨宿りをするのも良いでしょう。東南アジアのスコールなんかは一気に降ってすぐ止みますからね。

雨具の中でもっとも使われるのは傘でしょう。レインコートのように着る必要がないのでお手軽です。とはいえ傘は結構荷物になります。旅行に持っていくのであれば軽量で頑丈な折り畳み傘が良いでしょう。

レインコート

傘をさすと片手が塞がりますし、視界も悪くなります。それに傘だけでは防げないぐらい強い雨が降ることもありますし、傘をさすまでもないような小雨が降ることもあるでしょう。やはりそういった場合はレインコートが良いですね。

と言ってもレインコートもやはり嵩張ります。なのでアウターと兼用しちゃいましょう。アウターを選ぶ際にゴアテックスなどの水をはじく素材を利用したものを購入しておけば雨の時以外でも使えますし、雨が降っても傘と合わせることでかなり濡れにくくなります。

ザックカバー

荷物を運ぶのにバックパックを使っているのであればザックカバーも用意しておきましょう。傘をさすだけではバックパックは濡れてしまいますからね。

バックパックによっては内蔵している場合もありますが、そうでなければ別途購入する必要があります。

購入の際は自分のバックパックの大きさにあったものを購入しましょう。