[旅行の持ち物解説]貴重品入れ、シークレットポーチ

シェアする

By: Incase

海外旅行中は普通に生活する時より貴重品の管理をしっかりしておきたいところです。お金をやパスポートを盗られたら帰国もままならないですからね。

旅行中は以下の事をしっかりまもろう

  • 貴重品は持ち歩かず、ホテルのロッカーなどで厳重に保管する
  • よく使う財布には最低限のお金だけいれる
  • 所持品盗られても大丈夫なように緊急時用のお金を隠し持っておく

ホテルのスタッフが盗む・・・という事例も結構耳にするが、確率でいえば自分で持ち歩くよりホテルのロッカーへ置いたほうが安全、な気はする。絶対というのは無いという事だけは頭に入れておこう。
財布へは最低限のお金を入れ、財布も盗られてもいいように安いものを使おう。

貴重品入れ

旅行時に利用する貴重品類をまとめて保管できるポーチがある。パスポート、カード、現金、ボーディングパスなどを入れる為のポケットがついていて整理しやすい。全てをまとめて保管するというのは危険だがある程度纏めておいたほうが管理は楽だろう。

シークレットポーチ

服の中に装着するシークレットポーチや、裏ポケット付きベルトなど、外からわからない場所に貴重品を入れておくのも良い。

シークレットポーチもそのうちの一つだ。服のなかに装着できる薄型のウエストポーチでパスポートやカード、紙幣などを入れる事ができる。

犯罪に巻き込まれない事が一番ですが、万が一巻き込まれた時の準備はしておきたいところです。